忍者ブログ

RUNDICKブログ

窓拭きすると肩が痛くなりませんか?
私だけですかね? (^^;

原稿が思ったより進まなくてですね。
まだ下絵だったりするわけで。
進行具合が持ち時間と必ずしも比例するわけではないという(-  -)

看護師をしている娘さんと一緒に暮らしている友人が、フルタイムの仕事をしながら御主人と娘さんの世話をしていて大変だとおっしゃる。
睡眠時間を削りドリンク剤片手に頑張り続ける友人の姿は傍から見ていても大変そうだったので「だったらいっそ娘さんに一人で暮らして貰ったら?」と提案してみたら、当の本人のみならず同席の友人からも一斉にブーイングされてビックリ。
友人達は高校の同級生なので皆札幌在住。
親が側におり、子供達も市内で就職。
子供は結婚して家を出るまで親と同居が普通な環境は自分の時代から変わらない常識なわけですね。
一方地方に暮らしていると大学も就職先も少ないため、基本子供は高校卒業と共に家から出るわけで、近所をぐるっと見回しても子供と同居している方が少ない環境。
都会と地方の深い溝を感じた次第です。

個人的なことを付け足すと、私は母親を早くに亡くしているので「親には頼れない」というのが早くからあり、自分の事は自分で一通りやれるようにしておかなくては、というのがずっとあったため、ブーイングの後「親だっていつまでも手伝ってあげれるわけじゃないでしょ?」と補足するも「Ilie ちゃん、そういうもンじゃないって」と窘められてしまい。

いろいろな溝を改めて知った一件だったわけですが、でもやっぱり自分的には「自分の身の回りのことを最低限出来なければ、何処へ行っても困るのは自分」という考えは敢えて変えられないなと思ったわけでした。


パチパチありがとうございます(^^
そんなこんなで次回更新の目処が立ちませんが、なるべく早く更新できるよう頑張りますね。
PR

コメント

コメントを書く