忍者ブログ

RUNDICKブログ

状況が変わってきちゃった(・ω・)
4度目のハーセプチン後、手足に痺れがで出てきました。
多分前回の日記を書いた以降に出てきたんでしょうね。
ちょっと記憶があやふやだったりしています。
同時に心臓への影響も感じられるようになりました。
やはり分子標的薬とはいえ身体に良いものではないのだなと実感することになりましたよ。
こうなってくるとビタミン療法の継続も危うくなってきます。
大量に水分を入れることになるビタミン療法は心臓への影響もあったりするんです。
血管的な問題以前な話になってきてしまいしばし呆然としましたが、これも何かしら意味のある事なのでしょう。
次回受診時先生と相談し、取り敢えず暫く様子をみてみようかと思っています。
これくらいの症状ならハーセプチンの継続を先生は勧めるでしょうけどね。
私は膀胱の問題もあるため、手足の痺れに付随して起きる痛みの発生も心臓症状の悪化も、大きな不安材料となってしまいます。
これを先生がどこまで理解してくれるかは謎ですが。

喜ばしくない状況へと進んでしまいましたが、日々元気にはしております。
ビタミン&化学療法が出来なくなった時には、また何か代替療法を見つけたいと思います。
世の中には掃いて捨てるほどガンへの対処法が溢れていますからね。
この病気が今の世の中で一大産業であることを、身をもって感じる日々です。
そしてその消費者の財布の紐は限りなく緩くなっていく。
ある意味この構図がなくならない限りガンの確かな治療法は世の中に出てこないんじゃ、と思いますよ。
すぐ治っては儲けられないですからね。

ま、代替療法もいいですが、病気になった時って自分の生き方考え方を見直すよい機会でもあります。
私も生まれ変わったつもりでいろいろ見直していきましょう^ ^

パチパチ頂いていました。
ありがとうございます。
まだ当分創作の世界に戻れそうにありませんが、いつか戻れる日が来るよう、応援を励みに療養を続けたいと思います。
PR

コメント

コメントを書く