忍者ブログ

RUNDICKブログ

リハビリちう
ミシンを修理に出し、直線縫いとジグザクは復活したので死蔵の古い着物を解いてみました。
これでチュニックとがま口バッグが作れるといいなぁと考えています。
とわいえ。
型紙ってどうやって作るんだっけ?ってトコロからの出発なのですぐには形になりませんw
図書館に良い本ないかな。
とりあえずお手軽なところで、昔から使っているバレッタを着物地でキッチリ包み、リメイク品がひとつ完成^ ^
なかなか可愛らしく仕上がりました。
週末はsousouとこのバレッタでお出かけする予定です(*^^*)

お友達が場所は違うんですが同じ病気になったのを知りました。
もう手術も終えられ後は術後の体調管理にはいっているようです。
正直自分の時より驚いたんですが、自分も同じように皆を驚かせたんだろうなと思うと、申し訳なくもあり、有難くもあり。
年齢的なものもありますし、これからこういった話を聞く機会も増えるんだろうと想像します。
自分が得た体験で、そういった友人知人を励ましてあげることが出来たらいいのですが。。。

昨年の夏、よもや別のガン‼︎? という状況になったことがあったんですが、その後副作用から化学療法中止、代替療法的なものをいろいろ続けてきて、先日再び検査した結果、普通の状態に戻っていることが分かりました。
先生、不思議がっていらっしゃったんですよ。
でも自分的には「アナタが選んだ療法で正解だったんだよ」と、上の方から言って貰えた気が。
今はガンより根強いICや心臓の不調の方が厄介だと感じています。
耳鳴りや目眩、変形性関節炎といった細かいものまで入れたらガンはまだ分かりやすかったかもです。

ガンに関しては友達が貸してくれたドイツの波動治療機、レイキ、野口整体+考え方の軌道修正が効果的だったと思っているんですが、それらは今までちょっと気になる存在だったもの達でした。
自分に必要なものって自分が気になっているもの達なのかもしれないです。
そして、やってみたいこと、好きなことといったプラスの意味での引っ掛かりだけじゃなく、気に入らないから気になるといった、マイナスでの引っ掛かりもまた、自分にとって必要なことのような。
それはそのフィールドを乗り越える必要があるということのようなんですよね。

例えば結婚生活でもご近所付き合いでも、相手のこういう面が気に入らない!とか思うじゃないですか。
でもそれって、自分が持ってる同じ面を嫌っているだけなのかもです。
気になるという引っ掛かりを自分なりにどう昇華させてくかが自分の今の課題なのかなと思うと、キライという感情もまた、有難いものなんだと思えるようになってきました。

気は持ちようと言いますが、これはとても重要で大切なことだと感じています。
PR

コメント

コメントを書く