忍者ブログ

RUNDICKブログ

ケモ
ハーセプチン4回目を打ってきました。
この薬は分子標的薬といって、ガン本体の餌の供給を無くしガンを叩くという作用をする薬で、副作用がほとんどないと言われています。
主な副作用は発熱と心臓への影響なんですが、稀に一般の抗がん剤に近い症状が出る場合もあるようです。
私の場合、特にこれといった副作用はなかったんですが、最近微妙につわりのような気分の悪さが出るときがあります。
それがハーセプチンの影響なのかどうかも分からないんですが、半月前に比べて若干疲れやすくなったような気がし、疲れてくると気分の悪さが出てくるのでもしかするとそうなんじゃないかな、とか思ったりします。
他、爪のキワの肌の色が若干悪いです。
一般の抗がん剤に比べると無いに等しい程度の症状なんですけど、続けるうちにいろいろ出てきたら嫌だな、とは思いますね。

ケモ時、丁度ハーセプチン終了するという方がいたので、治療中何か体調に変化等、ありましたかと尋ねると、特に無かったとおっしゃっていたのですが、薬剤師さんと看護士さんの話しているのを聞くと、なんらかの症状が出ているようでした。
ちょっと気になりますよね。
最近思うことがいろいろあり、やはり抗がん治療はお断りしようかな、と思ったりしています。
かなり気持ちはそちらに傾いてきています。
 取り敢えずツレの承諾は得ました。
後は次回受診の時に逆説得されなければ断っちゃう気がします。
ウィッグも作ったんですけどね^ ^;
自分の気持ちとかいろいろ考えてみたら、抗がん剤するメリットが見出せなくなりまして。
今のところハーセプチンは続ける方向ですが、これももっと副作用的なものが出てきたらやめちゃう可能性有りです。
自分的にはビタミン療法を続けていけば大丈夫というのが根強くあるんです。
これはもう直感みたいな感じ。
ただ、病院って、三大治療断るともう面倒みれませんと患者を放り出したりするんですよね。
自分が行ってる病院もそういうところかもしれないので、そうなるとガン患者難民になる可能性があるわけで。
それはそれで困っちゃいますよね。

でも最終的には何を選びどう生きるかですから。
後悔のない選択を自分で決めていくつもりです。
PR

コメント

コメントを書く